悩みを解消したいあなたへ|プチ整形が起こすマジック

医者

筋肉の働きが大きい

婦人

プチ整形を受ける

日本では顔が小さいことが美のひとつの基準とされており、多くの女性が小顔に憧れを抱いているでしょう。そのため、友人や同僚などと比べて自分の大きさにショックを受けることもあります。私たちの骨格はひとりひとり違うので、頭の大きさが違うことはしょうがないことなのです。ですが、小顔が美の基準とされている以上、その悩みが消えることはありません。顔が大きく見えてしまう原因には骨格の問題が大きいですが、エラが関係していることもあります。筋肉の働きでエラが張っているケースに限りますが、ボトックス注射でフェイスラインを改善することができるでしょう。
エラが張る原因は人により異なりますが、主に3つのタイプにわかれています。1つめは骨による問題です。生まれつき骨の形によることが原因のため、骨を削る必要があります。プチ整形では改善することができないので、手術が行われることになります。2つめは脂肪による問題です。脂肪が溜まっていることが原因となりますが、脂肪吸引や脂肪溶解注射などで改善できるでしょう。3つめは先ほどあげたように、筋肉が通常よりも発達することが問題となっています。ボトックス注射は表情筋の動きをおさえることができるため、スッキリしたフェイスラインを手に入れることができるでしょう。

副作用がある

プチ整形の中でもボトックス注射は手軽に利用できますが、副作用が起こる場合があることも忘れないようにしましょう。例えば、病院で採血をした時に腕に注射の痕が残ることがあります。その痕がすぐに消えずに、青くなってしまうこともあるでしょう。それは内出血により引き起こされている症状なのです。それだけではなく、皮膚がたるんで見えてしまう場合もあります。ボトックス注射は筋肉の動きを止めるために、だんだん筋力が弱くなり小さくなります。これまであった皮膚を支えることができずに、たるみが目立ってしまうことがあるのです。また、妊婦や授乳をしている女性は受けることができません。お腹の中にいる胎児や赤ちゃんへ影響する可能性があるので、ボトックス注射は危険な行為となるのです。
プチ整形の多くは保険を適用することができないため自由診療での施術となります。ボトックス注射も自由診療となるので保険適用外となります。自由診療は美容クリニックによって料金が変わり、大きく差が開くこともあります。ただし、極端に料金が安い場合は不安になるので、事前にしっかり確認することが大事です。